姫路で一国一城の主に! - 【姫路の注文住宅ナビ】工務店選びから完成までをすべて公開!

姫路で一国一城の主に!

姫路の注文住宅ナビ

住宅の今日的な意義とは

「一国一城」。
男に生まれ、家庭を持ったからには、いつか実現させたい良い響きですよね。
城というのは古来、自分が統治する領土を見渡す場所であり、権威の象徴であり、自分たちを守る要塞でもありました。
まさか今から本当の城を建てる人はいないでしょう。
それでは「現代の城」たる住宅に求められる機能は何でしょうか。
統治する領土ではありませんが、家の中から周囲の眺めが良いに越したことはありませんよね。
権威の象徴というと言いすぎかもしれませんが、たとえローンであっても数千万円という買い物をできるという経済力や信用力の証しにはなるかもしれません。
現代では他人が大砲や弓矢を携えて攻撃してくることを恐れ、家族を守るための堅牢な要塞を欲している人は基本的にいないでしょう。
今日的な意味としては、自分たち家族を風雨や夏の暑さ、冬の寒さから守り、いつも安らぎを与えてくれるといった役割が考えられます。

注文住宅を建てたい!

つまり、気密性や断熱性、通気性などで示される快適さ、耐震性能の高さによる安心感、数値には表しにくいですが、デザインや質感からくる居心地などが、現代の城の価値を表していると言えるでしょう。
それでは、どのような城をつくるのが良いのか。
もちろん、人それぞれ、希望する条件や予算、家庭の状況、費やせる時間は異なるわけですから、ベストな選択肢は違います。
私の場合、2人目の子どもが生まれたのを機に、いよいよ真剣に住宅購入を考えました。
そして、せっかく一生に一度の買い物として数千万円を出費するのなら、可能な限り自分たち家族の意見や理想をイチから反映した注文住宅を建てたいと方針を決めました。

メーカーもさまざま

このブログでは、以上のような経緯から、姫路で注文住宅を建設するまでに検討したあれこれを記していきたいと思います。
当たり前ですが多くの人は住宅購入の経験がなく、素人です。
住宅メーカーと一口に言っても、1棟1000万円を切るようなローコストメーカーもあれば、5000万円するようなブランド住宅をつくるメーカーもあります。
上記のように、住宅の購入というのは基本的に分からないことだらけなので、親身になって話を聞いてくれたり、疑問に答えてくれたりするメーカーを選びましょう。
私は最終的にアイフルホームを選び、姫路店に相談に行って「城」を手に入れました。
このブログが注文住宅の建設を考えている人の何らかの役に立つと嬉しいです。

PR|英会話ノウハウ勉強会注文住宅のための用語集会社経営に必要な知恵袋女性のための薄毛治療研究会英語上達の秘訣

新着情報

アフターサービスで分かる住宅メーカーの真価

・「あの会社では建てない!」
数千万円の買い物というのは、よほどの資産家ででもない限り、清水寺の舞台から飛び降りるぐらいの感覚で踏み切るものです。
ここまでは建てる前の打ち合わせの話をメインに書いてきましたが、実は住宅メーカーの真価が分かるのは、住宅が完成した後のアフターサービスかもしれません。
アフターサービスで分かる住宅メーカーの真価 ≫ Click

流行のデザインは選ぶべきじゃない?

・周囲の家との調和も考えよう
住宅の内外装デザインには時代ごとに流行があります。
モノトーンのような色合いが流行ったり、南欧風の雰囲気が流行ったりと、さまざまです。
ほとんど同時期に造成されたような大規模な住宅地に行くと、似たテイストの家が並んでいるのを目にするでしょう。
流行のデザインは選ぶべきじゃない? ≫ Click

妻が喜ぶキッチン、夫も料理したくなる?

・広いキッチンに憧れ
注文住宅を建てるに当たり、妻が最もこだわったのがキッチンでした。
それまでは実家か、賃貸住宅の狭苦しいキッチンでしか料理したことがなかったため、広いキッチンに憧れていたようです。
1日3食をきっちりと作るなら、キッチンで過ごす時間は手早い人でも合計2時間ぐらいになるでしょうか。
しかも、そのほとんどの時間は立ったまま手を忙しなく動かすわけで、そう考えたら、費用をかけて広く機能的なキッチンにする必要を感じますね。
妻が喜ぶキッチン、夫も料理したくなる? ≫ Click

あったら便利な設備とは?

・おすすめは作り付け家具!
注文住宅を建てるに当たり、あったら便利な設備とは何でしょうか。
欲を言えばキリがありませんが、私はマイクロバブルが出る湯船を選択しました。
細かな泡が出てきて毛穴の汚れを落とす仕組みです。
どれぐらいの頻度で使うかは分かりませんが、毎日の疲れを癒す風呂に投資するのは、それにより仕事の効率が上がる効果もありそうで、費用対効果が悪くないと判断したからです。
あったら便利な設備とは? ≫ Click

いざ、間取りを決めよう!

・「自由」って大変
さまざまなタイプの建築会社から、私は比較的自由な設計が可能な住宅メーカーを選びました。
一生に一度の買い物ですから、多少のことにも目をつぶらず、可能な限り自分の意見や理想を反映させたいと考え、それを実現してくれる会社を選びたいと思った結果です。
いざ、間取りを決めよう! ≫ Click